« no レジ袋 | トップページ | 春色バッグ »

2006年3月21日 (火)

バッグの寿命

3つあると思っています。これは、バッグに限った事じゃないのですが・・・。

その1、バッグ自体の寿命。これは、擦り切れてしまったり、ほつれたり、物理的な寿命です。

その2、流行遅れになってしまった寿命。あまりにトレンド感が強すぎると、その旬が過ぎた時、持っているのが気恥ずかしくなる、そんな寿命。

その3、自分の(気持ちの)変化による寿命。どんなに気にいって買っても、飽き足り、ファッションの変化で似合わなくなったり、だんだんと出番がなくなってしまう状態です。

できれば、流行も、気持ちも旬なうちに、1の寿命が迎えられたら一番ですが、いくつもバッグを持っていて、大切に使っていると、なかなかそう言うわけにもいきません。

そうなると、あまり流行に左右されない、本当に納得して買ったバッグを選ぶようにしなきゃなぁ・・・と思うのです。P1010478

これは、もう5年くらい前に買いました。このバッグは、通勤にスーツを着なくなった現在、ほとんど出番がありません。マチが薄いので、会議だと書類が入りきれないし・・・。気合いを入れて買った割りに、使えてないんですよね・・・(^^;

|

« no レジ袋 | トップページ | 春色バッグ »

コメント

そうなんですよね。
定番ばかりじゃ、つまらないもの。
でも、少しでも長く使えそうなデザインかなぁとか、いつも考えちゃいます。
そんなわけで、クロエのパディントンに踏み切れません・・・(^^;)

投稿: 高橋 基子 | 2006年3月22日 (水) 21時28分

こんにちは。

バッグの寿命ですか。
1というのはほとんど無く、
2,3がほとんどな私です。

もっと、飽きのこない、
長く使えるようなバッグの方が良いのでしょうが。
やっぱり、その時々のトレンドが欲しくなってしまいますよね。

投稿: 伊藤かな | 2006年3月22日 (水) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58998/1111257

この記事へのトラックバック一覧です: バッグの寿命:

« no レジ袋 | トップページ | 春色バッグ »