« 雨の日を楽しくするアイテムといえば・・・ | トップページ | 「LOOP NYC」のクラッチバッグ »

2006年7月25日 (火)

ショルダーバッグの困った点

P1030977060725_2   久しぶりにツルンとしたポリエステルのブラウスをチョイス。前立てにフリルのついた■黄味よりのベージュ■(色の名前辞書計画だと「紀州茶」知らないよ・・・、そんな名前^^;)で、少しクラシックな感じ。どちらかというと秋向きなのだけど、この天候で、真夏アイテムに手が伸びない・・・。

黒のクロップドパンツを合わせて、ちょっと軽さを出しつつ、足元は雨でサンダルが履けないので、サイドオープンのパンプスを。ブラウスの中に黒のキャミを着て、ボタンを大きく開けてみる。モノトーンのロングネックレスを

首が長いので(^^;)、襟の詰まったデザインが苦手です。襟無しは襟ぐりの広いもの、シャツカラーは第2~3くらまで開けてしまいます。

Photo_76バッグはエナメルのトート。肩に掛けられるし、アウトサイドにポケットがあるので、通勤時はバッグに手を突っ込む必要がないのが便利です。

でも、電車の中でふと気がついた。ショルダーってブラウスの肩がクシャクシャになるのよね・・・と。そういえば、冬になるとショルダーを敬遠しがちになるんだったな。

最近はニットやシフォンなど、あまりシワの気にならない素材が多かったから・・・。特に、ついたシワが取りにくいアイテムの時は、悩ましいです。ポリエステルは、基本的にはシワになりにくいのだけど、プレスしたようについてしまったシワは、アイロンでも取れないし、困ってしまいます。着ている時に体温と相まって、シワが固定されちゃうのでしょうか・・・(--;)

|

« 雨の日を楽しくするアイテムといえば・・・ | トップページ | 「LOOP NYC」のクラッチバッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日を楽しくするアイテムといえば・・・ | トップページ | 「LOOP NYC」のクラッチバッグ »