2007年9月 6日 (木)

コスメポーチ・マイナーチャンジ

今日は、どうにも体調が悪く仕事をお休みしました。ほとんど寝っぱなしで、ようやく回復してきたので、記事を書いています。

P11105390708906ポーチ自体は以前の記事(こちら→)と変わっていませんが、中身が少し変わりました。

というのも、ずっと欲しいと思っていて、なんか延び延びにしていた「白鳳堂」の携帯用筆を買ったからなのです。普段家で使っているものは全てこちらの物で、少しずつ揃え、長い物は6、7年になります。

携帯用も長さがだけが短いものと、このスライド式がありますが、これはレスポのティッシュケースにもすっぽり収まります(収納時9cm)。キャップを外して後ろに付けると、毛先がスライドして出てきます。この手のものにしては毛量も多く、上質です。

P1110542070906 パウダーファンデーションはジバンシー。この夏発売になった限定色は、ラベンダー色が入っていいます。このカラー、これだけをハイライトに使っても良く、とても便利なんです。パウダーのハイライトはあまり上手く使えないのですが、これは白浮きもなく、テク無しでもOKです^^

ルースパウダーは、入れ物の薄さだけで選んだトワニー。以前と同じです。化粧崩れの度合いに合わせ、パウダーファンデーションを使ったりルースパウダーを使ったりします。

チークと口紅は気分によって入れ替えることもありますが、あまりマメでないので、無難なコーラル系を入れています。

これだけをティッシュケースに詰め込むのは、結構強引で、見た目はパンパンです・・・(ーー;)。でも、ティッシュコスメの気に入った柄が見つからないので、しばらくはこれで使い続けます。

| | コメント (4)

2007年5月 3日 (木)

愛用コスメになる予感

Photo_281 連休後半の初日だというのに、パソコンに向かっています。というのも、洗濯機が壊れてしまい、只今お届け待ち。あと2時間くらいは、身動きがとれません・・・。

そんなわけで、ブログの更新。先日新宿で買ったコスメが、かなり気に入ったのでアップすることに。

どちらも少し前の発売の口紅(2007/3/30)とアイライナー(2007/1/19)です。最近、コスメのチェックが甘いので、店頭で初めて見ました(^^;)ゞ

Photo_282 口紅は“リップ デュオ”(リンクはアットコスメの商品ページにとびます)。ビジュアル買いの気はありますが、グロス一辺倒だった私が使いたいと思うのは、ちょっとすごいです(^^;)ゞ。

丸いボディを回すと、2色の口紅(マットよりの色とグロスよりの色)がセットされています。2色の組み合わせが、帯に短し・・・って感じで、選ぶのにだいぶ時間がかかりまPhoto_283したが、この4番は使いやすいです。お店では2色を混ぜてから塗ってくれましたが、自分では、ベージュ(マット)を塗ってから、加減を見て赤を重ねていきます。その使い方の方が好きです。

ロゴ部分を引き抜くと、小さなリップブラシが付いています。携帯しても可愛いです。

Photo_284 アイライナーは“イージーライナー”。筆ペンタイプはノック式が多い中で、ただ引くだけで必要量が出てくる優れもの。色は、ややかすれ感ある黒1色。乾きが早く、まったくにじみません。

筆の質が良く極細のラインもOK。上からアイシャドウを重ねて、少しぼかすのも良い感じです。

筆ペンタイプは、アイシャドウで先が固まってしまうのが苦手なのですが(最近はずっとつけペンタイプを愛用)、固まったら水を含ませたコットンで拭けば良いそうです。この点は、しばらく使わないと分からないですが・・・。

ウォータープルーフではないそうですが、普通の生活では、特ににじまなかったです。

| | コメント (2)

2007年4月 1日 (日)

最近のベースメイク

P1080681070401f_1 わりと最近まで、2年間ほどファンデーションを使っていませんでした。日焼け止め効果のある下地に、少し色のつくお粉だけ。きちんとしなくてはいけない時だけ、ラ・プレリーの“スキンキャビアファンデーション”を使っていました。

でも、冬頃から、体調に左右される肌色がちょっと気になり始め、光が明るくなるとともに、何かファンデーションを探そう!って思い立ちました。

乾燥しがちなので、リキッドorクリームが必須。薄付きのものが好きです。最初に考えたのは、イヴ・サンローランの“パーフェクトタッチ”(リンクは@cosmeにとびます)。発売当初に試したときは、なかなか良かったです。ノック式の筆付き、というのもポイントが高い!

でも、結局ルナソルにしちゃいました。というのも、2月に発売になったコンシーラ“アンダーアイズベースN”を買いに行き、その時に頂いたサンプルが良かったのからなのです。どうせなら、同一メーカーで揃えてみようかなって。

メイクアップベース”と“インテレクチュアル ウォーターリクイドファンデーション”。

ベースはさらさらで、肌色補正効果はほとんどないですが、肌表面をスルスルにしてくれます。RMKのベースととても似ているけど(メーカーが同じですものね)、もう少ししっとりしてるかも!? RMKを使っていたのは、だいぶ前なので、正確には覚えていませんが・・・。

日焼け止め効果がないので、日焼け止めを思案中です。“クリーミィメイクアップベース”は、SPFがあるのですが、私の肌ではリキッドファンデとの相性が悪かったです・・・。

P1080689070401p ファンデを伸ばした後、アイズベースを薄くのばし、その上にRMKの“スーパーベーシックパウダー(ピンク)”をブラシで重ねます。コンシーラの上は、そのままだと少し崩れるし、通常のフェイスパウダーを重ねたらカピカピに乾燥したので、ふとこのパウダーを思い出し使ってみたのです。

全体のパウダーは、ジバンシーの“プリズム・リーブル”の#2。構造上、ブラシを使いにくいのが玉に瑕ですが、粒子が細かく綺麗に馴染みます。今は、パフを使っています。

写真の後ろのゴールドのケースは(何か見にくいですが・・・)、サンローランの“セミ ルース パウダー”#2です。お粉だけの時は、もっぱらこれをブラシでのせていました。

| | コメント (2)

2007年2月17日 (土)

レスポのポーチ2点

バッグに常備しておくコスメポーチは、大きさ、内容等、ずっと試行錯誤を繰り返しています。大きなポーチに、ファンデーション、チーク、シャドウ、マスカラ、ビューラー等々、フルメークをやり直せるほど入れていた時期もありましたが、最近は小さいバッグの時も入れられる、最小限セットにこだわっています。

2_23 そんな時目に留まったのが、レスポのティッシュケース。スクエアコスメではなく、こちらなのは。外のティッシュケース部分にあぶらとり紙を入れたら良さそうだ、と思ったからなのです。

2_24仕事での外出時、同行者がいたりトイレが込んでいたりで、ゆっくりメイク直しをする時間がないことがしばしばです。そんな時は、とりあえず油浮きだけでも抑えたい。それが、コスメポーチを開けずにできたら、素早くできそうです。

もともと、大きなポーチを持ち歩いていたときだって、マメに化粧直しをする方ではなかったので、中身も必要最低限で大丈夫^^

Photo_209 ただ、以前コスメポーチの中でケースがぶつかりあって、プレストパウダーのケースを傷だらけにしてしまったので、ポーチの中に細工をしてみました。ケース専用の袋が付いていますが、入れておくと不便ですから・・・。

Photo_207白いフェルトを片面に縫いつけ、中を二分しました。裏に返したときの弛みは無視して縫いつけたので、ピシッとしたポケットではありませんが、とりあえず直接ぶつかり合うのは防げます。

化粧ポーチは、その時々で必要な物が変わってきますが、これからしばらくは、これをベースに使ってみようと思っています。

2_25 それと、ポーチのつながりでもう1つ。日本では、もうすぐ発売になる「フェフィネス」のコスメティッククラッチです。以前、こころさんのブログ「好きなものに囲まれたい!」の記事で拝見し(記事はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/kokolo_no_tobila/45711908.html)、イラストの繊細なタッチに一目惚れでした。

2_26 小さい物では柄の出が難しく、こちらも右の方の白い物体が、やや意味不明なのですが、全体のバランスが良いので購入しました(MJselectさんで)。

このシリーズ、クラシックレスポなので、tokidokiほど高くないのも嬉しいところです(*^-^*)

| | コメント (12) | トラックバック (8)

2007年1月14日 (日)

tokidokiのコスメ

Photo_164 年末にMJselectさんに頼んであった「tokidoki for smashbox」のコスメが届きました(こちらのブログに来てくださる方の中にも、何人が買われているはずですが^^)。

全ての商品は「SEPHORA (online)」で見ることができますが、残念ながら日本から直接の購入はできません。

スマッシュボックスは、「マックスファクターの曾孫とLAのSmashbox photo studioの創立者で開発されたコスメ」で、現在日本では売ってないんですね・・・。数年前だったか、雑誌で名前を見たことはありましたが。

アーティスト系のコスメなので、色出しやテクスチャーもそれなりに凝っているのでしょうが、今回は当にパッケージ買い(^^;)ゞ

普通のコスメでも持っているだけで嬉しくなるのに、このパッケージならなおさらです(*^-^*)

Photo_162 アイシャドウ2色、グロス2色、それとスキンティント(練りのほお紅で、唇などにもOK)を買いました。他にも、プレストのチークやミラーもあったのですが、使う可能性のない物は、さすがに止めました。

アイシャドウは、ピンク系が「CELEBRITA」、オレンジ系が「MODELLA」というネーミング。

パール感の強い、薄付きな感じのものですが、CELEBRITAの左下のホワイトは、ピンクパールだったり、MODELLAの左上のイエローは、グリーンパールだったりと、なかなか凝った色出しです。ほんの少しスモーキーなピンクは、予想外に使いやすそうです。

Photo_163 昨日、マックスファクターのラッシュアーティストの「エメラルドブラック」を買ったので、合わせて柔らかな春っぽい目元を作りたいなって思います。アイシャドウ好きです(^-^)

このコスメ、パッケージも可愛くて、いつもはポンポン捨ててしまう箱を、どうしようかと悩んでしまいます(^^;)。これ、箱のイラストと中のイラストが、逆の組み合わせてになっているという凝りようでした。

それにしても。。。シモネは、HARD CANDYの創立者とロスでtokidokiを立ち上げたと聞いていますが、今回はなぜsmashboxとのコラボなんでしょう・・・。

(tokidoki関連の全記事はこちら→)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年10月14日 (土)

想い出の香り

最近気に入っているジバンシーの化粧水「ノーサージェティクス マイクロピールローション」。化粧水の効能としては、自然のピーリングを促す効果のある、とろっとした感触の化粧水です。

でも、私が気に入っているのは香り。私は、香りの好みがとてもハッキリしているので、基本的には無香料が好きです。でも、好きな香りなら、スキンケアの度に幸せな気分になれる^^

そんな香りの化粧水がこれなんです。

Decameron_1_2これは、私のイメージの中にある「GIVENCY Fleur d'interdit」の香りに重なります。それは、とても素敵な想い出の香り。

発売は、たぶん15年位前。大ヒットした香水だと思います。好きな香りではあったけど流行りすぎていて、買ったもののつけるのをためらっていました。

ところが、当時(今も)大好きだった人がつけていたんです。男性が使う香りじゃないのに、不思議と嫌みがなくて、すごく新鮮な印象だったことを覚えています。

その人は、私とは全然違う世界で生きている人で、昔も今も憧れることしかできないし、もう10年以上会っていないのだけど。。。

今日は、彼の誕生日。Happy Birthday to You。いつまでも素敵なあなたでいてください。

| | コメント (2)

2006年8月27日 (日)

素敵なプレゼント

P1040462_edited1_1 友達からプレゼントを頂きました。まだまだ先の誕生日プレゼントなのですが、この秋冬のコスメの新作時期が最適と考えてくれている彼女は、私がヘビロテしそうなコスメを選んでくれるのです。P1040507_edited1_1

今回は、「ボビー・ブラウン・チョコレート・アイ・パレット」。ブラウンのバリエーションが豊富な今シーズンですが、やぱりボビーは素敵! 瞼のくすみ消しとハイライトに最適な「ボーン」(左端)とシマー3色、マット3色の組み合わせで、余りクセのない色味が大活躍の予感です^^

いつもは黒いケースのボビーですが、今回はコレクション名に合わせて焦げ茶色。それもまた良い感じです^^

P10405082 先日購入した「BEAUTE de KOSE」のブラウン&レッドのリキッドアイライナーは言わずもがな。写真のようなターコイズブルーやグリーンとも合わせたいです。

アイシャドーは、綺麗な色に憧れた時期もありましたが、最近はブラウンに落ち着きました。綺麗な色は、濃い色なら瞼の際にライン的に、薄い色は、アイホールの目頭側に、目尻側のブラウンに重ねて縦グラデーションを作るのがお気に入りです。

そして、ちょっぴりだけアイライナーやマスカラに色を加えて遊んだり^^。セルフレームの眼鏡で、眼の印象が弱まるときなど、色物で遊んでみるのも楽しいです。

ところで、アイライナーはリキッド派の私ですが、このBEAUTE de KOSEは、本当に使いやすいです! 乾きが早くてにじまない上、筆の太さや持ち手のバランスが良く、思い通りのラインが引けます。強いて言うと、筆をしごくと入れ物の口が汚れてしまう難点があるけど、それは目をつぶるとして・・・。他の色も気になってしまいます・・・(^^;)

|

2006年8月18日 (金)

新色コスメのチェック

に行ってきました。P1040313060818

一昨年までは、新色が出る度にコスメカウンターに行っていましたが、転勤で都会が遠くなるとともに(^^;)、メイク物から遠ざかっていました。昨年から今年の春夏までは、食指を動かされる色がなかったせいもあり、新しい色物は口紅を買ったくらい。ところがこの秋は、気になる色が目白押しです。

ジバンシーの「プリズム・イシム・アイズ」を筆頭に、ルナソルやらYSLやら・・・。

P1040306060818そのプリズム・イシムが今日発売だったんです。伊勢丹は2日が先行発売だったのですが、どうしようかと迷ったまま今日に至り、慌てて在庫確認のTELを入れました。

そしたら、10時半の時点で(予約以外の)在庫は6個ですって。それまで迷っていたのに、それを聞いたら妙に欲しくなってしまい(^^;)、他店も聞いてみましたが全滅。すぐに行ってもお昼休みを過ぎてしまう時間だったので、売り切れちゃうなぁ・・・と思いつつ、気に入ったらキャンセル待ちできるかしら?と、とりあえず行ってみることに。

P1040300060818ダメ元でカウンターに行き尋ねたところ、キャンセルが出て3個ありますだって^^。縁起の良さもあり、即決しちゃいました・・・(^^*)

それ以外は、予定していた赤みのあるアイライナーを購入し、この秋のコンセプトが一目瞭然、みたいなセレクトになりました^^

洋服は、最近パターン化しつつあるキャミと羽織り物の組み合わせ。黒のフリル付きのブラウスに、黒のクロップドパンツを合わせ、ベルトと靴に茶色をプラスしました。

バッグは、ちょっと迷ってシンプルな黒を。友達から頂いたニャンコのキーホルダーをアクセントに加えてみました(^0^)

| | コメント (2)

2006年7月21日 (金)

肌トーンと綺麗色

P1030899060721  今日は、会議のため少しきちんとした服が必要な日。雨だったので、黒のタイトスカートをチョイス。でも、ダークな色ばかりでも・・・と思い、トップに■ジョイピンク■(前回、■ローズピンク■と思ったのですが、こっちの方が近い!)のノースリーブを合わせ、黒のシャツカラーのブラウスを羽織ってみた。とりあえず前を開けたまま着ていて、会議の前にボタンを留めればOK^^

髪をアップにするかんざしとピアスにもピンク色を配して、ちょっと甘く。

0603302_4シャツの襟を立ててタイトスカートを履くと、ちょとキャリアっぽい気分になれるから不思議^^。その気分を盛り上げるべく(?)、ADMJの派手カッチリのバッグを合わせました。

今日は、前回よりピンクが綺麗に着れている。なぜだろう・・・?と考えてみたが、思い当たるのは、昨晩、一昨晩のちょっとだけ丁寧なスキンケア。調子に乗って、今朝はマッサージもプラス。その効果で、肌のトーンがアップしていたんだと思う。

私は、特段肌が白いわけではなく、どちらかというと黄味より。昔から、ピンクなどのパステルカラーは似合わないと思っていたのだけど、きちんとスキンケアをするようになり、綺麗色に違和感がなくなってきた。つくづく肌のトーンアップは大切なんだと思うようになった。

でも最近、スキンケアが手抜き気味で、知らず知らずのうちに肌がすくんでいたのだと思う。やっぱり適度には、やらないと(^^;)。

それに、肌がくすむと、メイクも綺麗色が馴染まないので、負の相乗効果になってしまうんだろうな。

| | コメント (0)

2006年4月 9日 (日)

コスメのページ

自分のホームページの方に、コスメ関係のページを作りました。

http://homepage2.nifty.com/koubakobiyori/mama_top.html

メインは猫のことで、トップページからだと、どこにこのページがあるか分からない程(今は、更新情報でトップに記載してますが)、奥深い階層にあります・・・(^^;)

まだ、中身は充実していないし、やたらと文字の多いページになってしまってますが、もしコスメ関係に興味がって、文字を読むのが苦にならない方は、お立ち寄り下さいませ\(^^)/

ちなみに、そっちのページでは、ハンドル名は、ぶーママになっています。ビビというのは、愛猫の名で、ビビのまたの名が「ぶー」なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)